bar
ご利用について
line

ご利用の目的

ストレス社会といわれる現代、
いま日本では、全人口の55%、働く人の61%が何らかの強いストレスを感じているといわれています。
たとえば、その疲労感は……体ではなく“心の疲れ”からくるものなのかもしれません。
「楽山」は日本初のストレス関連疾患に特化した専門病院です。
保険適用の最高水準の医療施設でありながら、ホテルのような心地よい“隠れ家”としてご利用いただけます。

楽山に期待します

ご利用の目的・期間は人さまざまです


メインロビー

四万十川の流木で創られた楽山の時を刻む時計

職人手づくりの木製の時計が
楽山の時を刻みます


ご利用者さまの声


■リフレッシュ入院

ストレスを感じたら、休むのが一番です。しかし“良質の休息・休養”をとるのは意外に難しいものです。自己流では逆効果となることもあります。
ストレスは溜め込まずに、短期間のご利用でリセットする時代です。
体の奥から生きる力が自然にわいてきます。

■環境調整が可能です

ストレス関連疾患では、病気の本質(根)が職場や家庭・家族など、その方が身を置く環境そのものに起因していることがよくあります。そうした場合、通院だけではストレスを取り除くことが難しいのも現実です。しかし、入院ならば環境調整が可能です。

認知行動療法を備えています

年々増加の一途を辿っているうつ病は、企業の管理職クラス、IT・ハイテク分野の最前線で働くビジネスマン、そして女性に多いことが特徴です。
認知行動療法は、うつ病にもっとも効果的な治療法といわれています。「楽山」は、最短で5日間・10日間・14日間の各プログラムをご用意しております。「楽山」のうつ病治療の最終目的は、患者様が復職(あるいは家庭復帰)することです。

リターンプログラム

■メンタルヘルス契約ご案内(法人向け)

近年、法人・企業にとっては所属員の方々のメンタルヘルス管理が非常に重要な問題となっております。
「楽山」では、法人を対象とした「メンタルヘルス契約」を承っております。

イメージ写真
イメージ写真 イメージ写真

↑このページのトップへ



【楽山】
 知者は水を楽しむ。仁者は山を楽しむ。
 知者は動く。仁者は静かなり。
 知者は楽しむ。仁者は命長し。  (論語)


水は流れる。知者は、この流れてやまない水の姿を楽しむものだ。山は不動である。仁者は利害栄辱その他のために心動かすものでない。
知者は機を見るに敏である。自然、世相に応じて変化する。仁者は静的であり、流転の世に処しても不動の態度を持している。
知者は流転の世相に誤りなく身を処し、さおさして楽しみ生きる。仁者は外部の事情によって自分の心を動揺させない。自然、安心立命、おのずから長寿を保つ。

↑このページのトップへ